ウーマン

メッセージの送受信が早いグループウェア|簡単にやり取りが可能

連結のメリット

オフィス

グループ会社にする目的は、事業ごとに会社を独立させることで方向転換があしやすくなり小回りが利く経営が可能になるメリットがあります。しかし業績をグループ全体でとらえることが困難になります。連結会計はこの問題をクリアにしてくれます。

Read More

コミュニケーション活用術

PCを操作する人

ホワイトボード回帰

グループウェアというと取りつきづらい、難しいものに見えてくるが、実態はすでに貴方も使っているはずだ。グループウェアとして一番簡単なものは電子メールだ。現在、オフィスにいる人間でこれを使っていない人はおそらく皆無に違いない。グループウェアとしての電子メールは、一般的なものより狭い範囲のものを指す。グループ内での送受信が早く、簡単になり、誰が未読なのかも簡単にわかるようになっていて情報伝達の管理に役立っている。他にもライブラリ管理機能で、グループ内でのファイル共有が可能となり、スケジュール管理機能で、誰が今、どこで何をしているかなども簡単にわかるようになっている。いわば、以前は部署内の壁にかかっていたホワイトボードが、ネット世界に移動したようなものだ。ホワイトボードとの違いは、首を伸ばしてボードを見にいかなくても、席で簡単に見られ、またグループ以外の人間への情報の漏洩が避けられるという利点もある。グループウェアはあくまで仲間内のものなのだ。

温かいネット空間

手書きの文字から、キーボードから生まれる均一の文字へと変わり、同じメッセージでも、心が足りない感じや温度が感じられなくなったなどの感想も生まれるかもしれない。だがそれは誤りだ。今の10代、20代、あるいは30代はデジタルネイティブ、いわば生まれたときからインターネットにつながっている世代だ。彼らにとってネット空間というのは、親しみやすく、適度な距離感を保つことのできる、居心地の良い場所だ。そこから生まれる言葉には、きちんと血が通っている。一見して分かりづらいそれらを、最大限に生かせるツールがグループウェアかもしれない。それは、普段、朝の挨拶の声も小さい新入社員が、グループウェア上では雄弁に語り、細かいスケジュールまで律儀に書き込んでいるのを見てから、貴方が判断してみてはどうだろうか。

組織を改革しよう

PCを触る人

組織診断は社員の意識状態を把握して行動まで診断を行います。組織改革を行いたい時に利用するといいでしょう。社会心理学に基づいて独自開発したツールを使用し分析を行うのです。社員の考えから上司の対応まで把握できます。

Read More

導入による管理の効率化

オフィス

経費精算や社員情報の登録などにおいて、ワークフローシステムを利用することで効率的に行うことができる。ワークフローシステムでは、承認ルートなどを設定できるため、確実に承認を回せる。また、社内の経理システムなどとの連携により管理を効率化できる。

Read More