導入による管理の効率化|メッセージの送受信が早いグループウェア|簡単にやり取りが可能
複数の人

メッセージの送受信が早いグループウェア|簡単にやり取りが可能

導入による管理の効率化

オフィス

承認とその効率化

社内においては、経費の精算や社員情報の管理など様々な管理業務が必要になる。特に経費精算などを行う場合には、利用した社員が申請し、上長や経理部の人が承認するなどの運用が必要になる。以前はこれらを用紙で記入し、承認ルートを回すことが一般的であった。この承認の流れや手順をシステム化したものがワークフローシステムである。ワークフローシステムを導入することで決められた承認手順などを簡略化でき、確実に行うことができるため、導入するケースが多くなっている。ワークフローシステムが無い場合には、上長及び管理部門での承認手続きが煩雑になったり、確実に運用していくことが難しいことがあるが、システム化により適切に行える。

社内システムとの連携

ワークフローシステムでは、業務フローの効率化が行えることに加え、ペーパーレスを進めることができる。ペーパーレスにより経費削減ができることに加え、保管に関するコストも不要になる。経費などの精算に利用した用紙は、一定期間保管しておくことが必要になるが、システムの導入によりそれらの保管に関わるコストも不要になる。また、社内の基幹システムなどとの連携を行うことで、さらに利便性が上がるということもある。経費精算などのシステムにおいては、会社内のお金の出金に関わるため、経理システムとの連携が必要になる。経理システムの連携を行うことで、発生した経費などを適切に管理できる。また、社員情報の一元管理なども可能になる。