連結のメリット|メッセージの送受信が早いグループウェア|簡単にやり取りが可能
複数の人

メッセージの送受信が早いグループウェア|簡単にやり取りが可能

連結のメリット

オフィス

小回りの利く経営

グループ経営を行うメリットは、一つの企業では不明確になりがちな責任負担範囲を明確にするために行われます。事業ごとに細分化することで経営の状況を把握しやすくすることができます。そして昨今ではM&Aなどの活動が活発になり、事業ごとに売買をしやすくするためにも細分化することが主流となっています。会計においても同様で、グループ経営による連結会計もすることができます。税金対策などに有効とされていますが、子会社化している意図がM&Aなどの要素であるのであれば、本来一つの企業として活動することが目的となりますので、連結会計して会計においてはグループを一つの単位として見ることが大事な場面もあります。連結する事でのメリットもあります。

経営判断を迅速化

連結会計を行う事でグループ負会社全体の業績を把握することができます。会社単体では、それぞれの会社の業績のみが目立つようになり全体を見にくくなります。しかし連結会計を行う事で全体の数字や業績を把握しやすくなり、経営の方針転換などを行うアラートを早くに見つけ出すことができるようになります。会社単体の経営はもちろんのことグループ企業はグループ全体の経営を実行する必要があります。そのうえで、今後子会社を増やすべきなのか、排除すべきなのか、売却すべきなのかの経営判断が必要になります。連結会計を取り入れることでこの判断基準が明確になります。納税のタイミングのみならず通常の会計作業から連結の数字を追うことが大事なのです。